溶射部門 電動機部門 機械加工部門


作業写真
HVAF
溶射プロセス
溶射プロセスの紹介
表面改質、機能性向上のコーティングプロセス
プロセス 特徴 どんなときに用いたらよいか
ガス式
ワイヤ溶射
プロセス
  1. 冷間プロセスなので素材に熱の影響を与えない。100℃〜200℃
  2. 異種金属でもコーティングできる。
  3. 木、ガラス、ホーロー、陶器、カーボン、セメント、石こうなどにもコーティングできる。
  4. 作業が簡単で低コスト。
  5. 加工速度が早い。
  6. 加工物寸法、形状が自由である。
  • 機械部品の肉盛り再生に。
  • 機械部品の耐磨耗性向上に。
  • 防錆、防食に。
  • 非金属材料の上へ、各種の装飾用途に。
  • セラミック素子への誘電ベース。
  • ろう付けベースコーティング。
アーク式
ワイヤ溶射
プロセス
ガス式
高速ワイヤー
溶射プロセス
  1. 冷間加工である。HVOF
  2. ワイヤー方式の高速溶射システムである。
  3. 素材への密着力は強く、プラズマ以上である。
  • 機械部品の耐磨耗性向上。
  • プラント類への耐磨耗コーティング。
  • 防錆・防食コーティング。
ガス式
パウダ溶射
プロセス
  1. 使用材料により、硬度RC45からRC75まで選択できる。
  2. 耐磨耗性が抜群である。
  3. 高温硬度に優れ、耐熱性に勝る。
  4. 耐食性にすぐれている。
  5. 加工コストが比較的に安い。
  • 化学製品やその他の腐食による磨耗がきびしい条件に。
  • 高温にさらされ、熱酸化による腐食からの磨耗を防止したいとき。
  • 粉体やスラリーなどによるエロージョンやアブレーション磨耗のひどい部品に。
  • 高い硬度が必要なときに。
セラミック
ロッド式溶射
プロセス
  1. 化学腐食磨耗に強い。
  2. エロ―ジョンに対して強い。
  3. 高温腐食に対して強い。
  4. 硬度が高い。
  5. 密度が高く、緻密な皮膜が得られる。
  • 腐食による磨耗がきびしい機械部品に。
  • 高温酸化による腐食を防ぎたいとき。
  • 金属・合金属での表面処理では不満足のとき。
  • 電気絶縁性を持たせたいとき。
  • 高い硬度が必要なときに。
-HVAF-
エアロ・ジェット
システム
  1. 超高音速域の溶射システムで、超緻密なコーティング皮膜を作る。
  2. タングステンカーバイト合金の超溶射では、表面硬度HV(300)1300の皮膜が作れる。
  3. 冷間プロセスであり、設備が比較的に簡単である。
  4. ランニングコストが安い。
  • 超硬合金に匹敵するコーティングを機械部品のある部品につけたいとき。
  • 機械部品で、その必要部品だけ高い表面硬度を持たせたいとき。
  • コーティング皮膜の硬度はHV(300)1000から1350まで数段階の硬度が選べる。

hard-industry.com