​部分整備(水封式真空ポンプローター補修)

​②真空ポンプを分解したら、ローターの両サイドが腐食、摩耗していた。

​③真空ポンプはローターのサイドと、ケースカバー面のクリアランスが大きなファクターとなる。

 

この様に面が荒れていると真空度が上がらなくなり、効率が悪くなる。

④真空ローターサイドの羽根の端面を低温溶接で肉盛りをして、機械加工した。

⑤真空ローターサイドの羽根の端面を低温溶接で肉盛りをして、機械加工した。

​⑥同じく機械加工仕上がり面

カラー_最小サイズ.png

ハード工業有限会社

〒039-2245 青森県八戸市北インター工業団地5丁目2-26

TEL:0178-38-7300 / FAX:0178-38-7307 / hvaf@hard-industry.com