​機械修理・製作の総合メーカーとして

​アクティブな補修

​ 下記のような補修方法で設備の停止時間を最小にしながら、同時に設備寿命も延ばすことを目指しています。

 このような方法を弊社では「アクティブな補修」と呼んでいます。

​⒈

​耐摩耗性を考慮

した材料で復元

​⒉

​短納期での設備の補修

​⒊

​ユニット全体の

交換を回避

​修理の考え方

溶射、機械加工、電動機整備の三つの部門で成り立っており、三つの技術を融合し摩耗による減肉された部品の寸法復元時に摩耗の原因をよく分析しています。

 

適切な材料を適切なプロセスで肉盛りをするようにしています。​修理時に耐摩耗性の向上をはかり、修理前よりも堅牢で長寿命となるような修理を常に心掛けています。